天気予報

26

22

みん経トピックス

石垣で「ヘルスツーリズム」石垣で若者テーマに円卓会議

石垣・美崎町に一頭買いの焼き肉新店 大阪から本店を移す

石垣・美崎町に一頭買いの焼き肉新店 大阪から本店を移す

看板メニューの「はみだしロース」

写真を拡大 地図を拡大

 石垣に2月29日、焼き肉店「ちょうしゅう」(石垣市美崎町、TEL 0980-83-4129)がオープンした。場所は東バスのターミナル北側、ホテルククルと金城製麺所の間。

うし神様をまつるもーもー神社

 オーナーの中谷誠さんと長岡泰史さんは、大阪の宗右衛門町で営業している「焼肉ちょうしゅう」で提供している石垣産の美崎牛が好評で、より多くの部位を上手に仕入れることができないかと昨年石垣島に訪れた。その際、素晴らしい自然・風土や島人の温かさに触れ、石垣に出店し本店を移転することを決意したという。

 石垣に本店を移したことで美崎牛を一頭丸ごと購入し、全ての部位を取り扱うことが可能になった。長岡泰史さんは「焼き肉店として取り扱う部位の多さには自信がある。牛一頭を無駄なく使い切るために骨はスープのダシ、スジ肉はハンバーグにするなどして工夫している。その結果、メニュー数が多くなった」と話す。

 店内はテーブル席4卓と掘りごたつの座敷を5卓用意し、最大46人に対応する。お薦めはリブロースを使った「はみだしロース」(2,500円)で、20センチ以上の鉄板からはみ出す大きさ。一頭買いならではのメニューとして「一本たん」(1,900円)や「一本ホルモン」(1.600円)なども提供する。

 メニューには載せていないが、芯々(2,000円)、イチボ(2,200円)、センボン(1,800円)、ヒウチ(1,600円)、上ミスジ(2,000円)などもあるという。ランチでは「日替わりランチ」(1,500円)、「特上ランチセット」(4,000円)、ステーキ、ハンバーグ、牛丼、カレーのほか、「シャトーブリアン」(100グラム4,000円)もランチ限定で提供する。

 店頭には幸運の神様「ビリケンさん」に似た御神体「うし神様」が2体置かれ、「もーもー神社」としてお参りできるようになっている。中谷誠さんは「石垣の桃林寺から僧侶にお越しいただいて、御魂(みたま)入れを行った。左のうし神様は厄払いと金運、右のうし神様は縁結びに御利益があるといわれている。石垣の観光名所の一つになり、お世話になっている方々の役に立てたら」と話す。「もーもー神社のさい銭と店内で発売している『おにくじ』の売り上げは、福祉団体に寄付したい」とも。

 営業時間は、11~15時、17~23時。

グローバルフォトニュース