天気予報

34

30

みん経トピックス

波照間島の部分日食写真公開八重山アクセサリー新店

石垣と静岡が連携してオーケストラ・合唱の音楽会 子どもたちに生演奏提供

石垣と静岡が連携してオーケストラ・合唱の音楽会 子どもたちに生演奏提供

しずおか&いしがき聖紫花(せいしか)平和音楽祭の様子

写真を拡大 地図を拡大

 「静岡県オーケストラスクール」が石垣の合唱団と連携し、「しずおか&いしがき聖紫花(せいしか)平和音楽祭」が3月26日、石垣市民会館大ホールで開催された。

 「石垣の子どもたちにオーケストラの生演奏を聞かせたい」という願いを持つ、常葉大教育学部教授で同オーケストラ指導者の松本進さんと、石垣で農園を営む上地朝子さんが企画した同音楽祭。「いしがき少年少女合唱団」の指導を行う砂川富貴子さんを中心にしたメンバーが実行委員会を立ち上げ、開催にこぎ着けた。

 プログラム・パート1は、いしがき少年少女合唱団が「いのちのリレー」「おきなわのわらべうた」「芭蕉(ばしょう)布」を披露。静岡県オーケストラスクールは、ブラームスの「交響曲1番・4楽章」を演奏し、その後、オーケストラと合唱とで「ハレルヤ」「希望と栄光の国」を聞かせた。

 休憩後のパート2では、静岡県オーケストラスクールが「ムーンリバー」「スターダスト」など、なじみの曲を演奏。最終のパート3では、オーケストラと合唱団が一つとなり、「フィンランディア・この美しい地球」「故郷(合唱とオーケストラの為に)」「Belive」「富士山」「プレリュードと合唱」を披露した。

 砂川さんは「石垣の子どもたちに音楽体験を提供できるとても良い機会。静岡県オーケストラスクールに感謝したい。音楽会で静岡と石垣の絆が生まれた。これを大切にして育てていきたい」と話す。

 石垣から参加したのは、いしがき少年少女合唱団の他、石垣混声合唱団、石垣女声コーラスあかようら、石垣市民合唱団、YAEYAMAストリングス、十文字声楽教室の各グループ。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング