食べる 暮らす・働く

石垣で「県産加工品」開発研修-2日間、専門家が個人相談も

  •  

 沖縄県は、10月2日・3日にホテル日航八重山(石垣市大川)で県産農林水産物の商品開発・人材育成を目的とした「沖縄プレミアムアカデミー」を開催する。

 県農林水産部流通政策課は、「プレミアム加工品開発支援事業」として沖縄県産品を使った加工品の魅力をより高めるため、4人の講師により2日間、10時間にわたる集合研修を行う。

[広告]

 内容は、「これから新たに商品開発を進めたい」「いろいろやってきたがなかなかうまくいかず差別化したい」「既存商品を売れるブランドとしてブラッシュアップしたい」「新たな販路を確保し売り上げを伸ばしたい」「商品デザインを一新したい」など、食品の商品開発関係者や、生産・加工・販売の一体化を目指す6次産業化を考えている事業者などが対象。

 同アカデミーは「基礎課程」と「実践課程」で構成。まず基礎課程で、マーケティングや商品開発の基礎、成功事例における成功要因などを学び、希望者には個別相談に応じる。その後、さらに自社商品への具体的なアドバイスを希望する受講生は実践課程に進み、専門家の派遣により個々の問題解決を図る。

 講師には、商品開発プロセス全体を広く見通せるアドバイザー、商品デザイン・販路構築・製造プロセスなど各分野のスペシャリストで構成され、総合的・実践的なサポート体制となっている。

 開催時間などの詳細はホームページで確認できる。参加無料。受け付けは先着順で9月27日まで。