見る・遊ぶ

石垣で格闘技イベント「武勇伝」-ボブ・サップ登場に会場騒然

80キロを超える寺島さんを持ち上げるボブ・サップ選手(写真提供=山城真由美さん)

80キロを超える寺島さんを持ち上げるボブ・サップ選手(写真提供=山城真由美さん)

  •  

 石垣市総合体育館(石垣市平得)で1月31日、格闘技イベント「武勇伝~BUYUDEN~」が行われた。過去に熊本県で5回開催し、石垣は初めて。

試合後には出場者がボブさんを囲んで記念撮影も

 試合はオープニングに5試合、本戦10試合が組まれ、日本対台湾の対抗戦、ロシアやブラジル、アメリカなど国際色豊かな参戦となり4時間以上にわたって熱戦が繰り広げられた。

[広告]

 メーンイベントはボブ・サップ(TEAM BEAST)さんと戦うサラリーマン、寺島力さんが対戦。タレントの琉球トムクルーズさんが紹介し、ボブさんがその姿を現すと、会場は一気にヒートアップした。ボブさんの一方的な試合で寺島さんは果敢に攻めるも歯が立たない様子。ボブさんは途中レフェリーとも交戦し会場を和ませながら危うげなく勝利した。試合後にはビールで乾杯し頭から浴びるパフォーマンスも。

 MMAライト級(72kg以下級)タイトルマッチは熊澤伸哉さん(闘心/沖縄)、イウリ・メシアスさん(闘英館サンパウロ)が対戦、砂川利勝沖縄県議会議員が試合成立の宣言文を読み上げた。試合は熊澤さんが勝利しチャンピオンベルトを手にした。

 石垣島在住の女優、益戸育江さんがプレゼンターを務め、試合の合間にはD-51のミニライブ、大道芸人にんにんのバルーンパフォーマンス、琉球國祭り太鼓八重山支部、ラウンドガールウオーキングも行われ、来場者は多様なエンターテインメントを楽しんだ。

 主催した神風塾塾長のMr.神風は天田ヒロミさんに敗れたが「初開催だったが多くのお客さまに来場していただき、盛り上がったので、今後も年に1、2回石垣島を中心に世界へ羽ばたくイベントとして盛り上げていきたい」という。

 観戦した山城真由美さんは「選手入場時のライトや音楽の演出が凝っていたすごく楽しめた。試合のほかにもD-51のライブなどもあり得した気分。ボブさんは太ももかと思うほどの腕の太さにびっくりした。また石垣で開催してほしい」と興奮して話した。