食べる

石垣のかまぼこ店、観光客行き交う川平に進出 「とにかく口に入れて」

試食を行う観光客

試食を行う観光客

  •  
  •  

 石垣に5月15日、「マーミヤかまぼこ石垣島川平店」(石垣市川平、TEL 0980-88-2710)が開店した。市内新川の本店工場、沖縄本島の4店に続く6店舗目。

メニューには、中国語、韓国語、英語も表記する

 代表は金城力(つよし)さん。1945(昭和20)年に創業以来、70年間親子でかまぼこ作りに励み、農林水産大臣賞も得て味はお墨付き。「今までは観光で来た皆さんに食べていただく機会が少なかった。石垣島で一番と言ってもいいほど観光客が訪れる場所で販売することにより、全国に味が伝わるチャンスを得たかった」という。

[広告]

 店舗面積は2坪。テークアウト専門で、その場で食べてもらえるように商品を竹串に刺して販売する。注文を受けてから再度1分間揚げることにより、ホクホクのカマボコを食べることができる。試食も可能で、「試食した人の4割が買い求めていく」という。

 メニューは、ふっくら感がある優しい味の「島とうふ味」、プロセスチーズをたっぷり使った新商品「チーズ味」、ニンニクの芽と実をふんだんに使った「ニンニク味」、石垣島で採れた素材を使う「もずく味」や「アーサー味」、定番の「ゴボウ味」(以上250円)。

 マンタの形をした「マンタ揚げ」、黒紫米を使った「おにぎり」(以上150円)も。飲み物のリクエストも多く、近日中にビールの販売も予定する。

外国人観光客も多いことから、中国語、韓国語、英語もメニューに表記する。オレンジ色の看板が目立つことから、店舗前で記念撮影をする観光客も。

「川平に来たら八重山かまぼこをいくらでも試食してほしい。食べたことがない人に、とにかく口に入れてもらいたい」と金城さんは熱く語る。

 営業時間は8時30分~18時。

  • はてなブックマークに追加