3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

石垣で「WROJapan沖縄ロボット大会2015」目指してロボット教室開催 

石垣で行われた「ロボット教室」の様子

石垣で行われた「ロボット教室」の様子

  • 0

  •  

 「WROJapan沖縄ロボット大会2015」の開催に向けて、大会に参加するジュニアの育成を目的に「ロボット教室」が沖縄県内13カ所で行われている。主催はNPO法人フロム沖縄推進機構。

組み立てられたロボット

 「未来のIT人人材創出促進事業」の一環として行われている同大会。小中高校生が科学技術を身近に体験できる場を提供し、創造性と問題解決力を身に着け、将来のIT業界を牽引する人材の育成をめざしている。

[広告]

 同大会名に冠している「WRO」は、World Robot Olympiaqd の略称。世界中の子どもたちがロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテスト。ロボットは「LEGOブロック」を使って製作するため、特別な技術は不要。ロボットを動かすプログラムもマウス操作で作成できるため「ロボット教室」への参加で地域大会に挑戦する技術を身につけることができる。地区大会での優勝チームは、日本大会に選抜出場。日本大会の優秀チームは、世界大会に派遣される。

 7月5日に石垣で行われた「ロボット教室」に参加した登野城小学校3年生の大浜優人(おおはまひろと)さんは「練習の時は、うまくゴールできたのに本番で失敗してくやしかった。プログラムで考えた通りにロボットを動かすのは難しかったけど楽しい。練習して、大会に参加したい」と話す。

 平真小学校3年生の浦添一(うらそえはじめ)さんは「プログラム制御でロボットが思い通りに動かず、いっぱい悩んだ。今年の沖縄県大会に参加して、優勝したい。世界大会を目指します」と話す。

 沖縄地域大会は8月15日に沖縄産業支援センター。日本大会は9月20日にBumB東京スポーツ文化館。世界大会は11月6日~8日にカタール・ドーハで行われる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home