暮らす・働く 学ぶ・知る

西表島に日本最西端のシェアオフィス 就業創出、移住・定住促進目指す

竹富町就業創出及び移住・定住促進事業の一環としてオープンするシェアオフィス

竹富町就業創出及び移住・定住促進事業の一環としてオープンするシェアオフィス

  •  
  •  

 西表島の大原に7月29日、内閣府地方創生加速化交付金を活用した「竹富町就業創出及び移住・定住促進事業」の一環としてコワーキングスペース型のシェアオフィスがオープンする。

シェアオフィスの外観

 情報通信技術を活用し遠隔地でも都市部と同様の仕事(テレワーク)が可能であることを実証しアピールすることを目的に、移住してきたテレワーカーにとっては共同就業や情報交換の場として活用を見込む。施設の活用を高めるため、地域向けに身近なパソコン教室としての活用も予定する。

[広告]

 同事業を推進する竹富町の岸本将希さんは「多様な就業機会をつくり出していくことが、移住定住を促進し、地域の活性化に結び付いていく。シェアオフィスがオープンしたことで弾みが付く」と話す。

 オープンに先立ち開所式が7月29日10時30分より開催される。

  • はてなブックマークに追加