天気予報

29

25

みん経トピックス

石垣で「ゆいま~るリレー」石垣のヤシの実がつないだ縁

フルート奏者の幸枝さんとギター奏者の平倉信行さん、石垣島でCD発売ライブ

  • 0
フルート奏者の幸枝さんとギター奏者の平倉信行さん、石垣島でCD発売ライブ

幸枝さん(左)と平倉信行さん(右)

写真を拡大 地図を拡大

 東京を拠点に活動するフルート奏者の幸枝さんとソロギタリストの平倉信行さんのグループ「CUCULE(ククル)」が4月6日にパパ・ビゴーチ(石垣市大川)で、7日にカフェ・タニファ(同)でCD発売記念ライブを行った。

同時発売となったCD

 幸枝さんと平倉さんは「音楽の微笑(ほほえ)み」というタイトルで音楽活動を続けていたが、10年たったのをきっかけにグループ名を「CUCULE」として、2枚のCDを同時発売した。

 平倉さんは「グループ名は、心を意味する沖縄の言葉『ククル』から取った。心に染みる、心が踊る、心が和らぐ、心が通う、心が弾む、心に刻む、心に残るなどの思いを込めた。みなさんが知っている曲を、新しいイメージでフルート・オカリナとギターの音色で聞いてもらいたい」と話す。

 フルート&ギターのCDには、ブラジルのショーロやアルゼンチンのタンゴでアレンジしたポピュラー曲を収録。オカリナ&ギターのCDにはオカリナの音色とギターのテクニックを生かしたアレンジで、クラシック曲を中心に収録している。

 石垣島での発売記念ライブでは、ブラジル音楽をはじめ、クラシック、タンゴ、沖縄・八重山民謡のアレンジなど幅広いジャンルを、フルートとオカリナ、クラシックギターのアレンジで演奏した。

 ライブに訪れた50代男性の一人は「幸枝さんのフルート・オカリナは相変わらず素晴らしく、久しぶりに聴いた平倉さんのギターテクニックも素晴らしかった」と話す。

 ほかの40代女性は「前半は沖縄曲のアレンジなどで盛り上げていたが、後半はぐっと二人の世界になっていた。切ないフルートやしっとりとしたオカリナに、平倉さんのギターが重なり、その世界に吸い込まれるように魅了された」と話す。

 幸枝さんは「八重山が好きなので毎月のように石垣島に来ていて、なじみの皆さんにフルートとオカリナの音色を聴いてもらえて良かった。温かい空気の中で演奏しやすかった」と振り返る。

グローバルフォトニュース