学ぶ・知る

東日本大震災から1年、石垣で追悼・復興祈念行事-世界平和の鐘鐘打、凧上げなど

3月11日に石垣市で犠牲者追悼鐘打式

3月11日に石垣市で犠牲者追悼鐘打式

  •  
  •  

 東日本大震災から1年となる3月11日、犠牲者を追悼し復興を祈念する行事が石垣市で実施される。主催は石垣市、世界平和の鐘の会沖縄県支部、やえやま東北人会。

 当日は地震が発生した14時46分に市消防本部や船舶会社が一斉に吹鳴。新栄公園(石垣市新栄町)にある世界平和の鐘鐘楼で追悼鐘打式を行う。中山義隆石垣市長は「多くの人に追悼行事に参加してもらいたい」、同会の大濵博文支部長は「式に来られない人も、それぞれの場所で合掌してもらいたい」と呼び掛ける。

[広告]

 新栄公園広場では八重山凧(たこ)愛好会が「全国(世界)同時復興・慰霊凧上げ」を実施。仙台凧の会の呼び掛けに応えて行うもので、同時刻に追悼の白い六角凧を揚げた後、同じ凧に復興祈願のメッセージを書き入れてもらい再び凧を揚げる。この他にも八重山伝統凧のカーブヤー50枚も用意するという。

 石垣・岩手かけはし交流協会は同広場で犠牲者追悼・復興祈願の風船を放つ。追悼鐘打式の後、追悼の白い風船、続いて復興祈願のカラー風船を空に飛ばす。風船は義援金として100円以上が必要。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ