プレスリリース

『スポーツ×伝統芸能』をTリーグホームゲームでいよいよ実現!

リリース発行企業:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

情報提供:

琉球アスティーダは、12月24日(月)14時開始のTリーグホームゲーム(於:宜野湾市立体育館)において、所属している大蔵流狂言師・人間国宝一家の善竹富太郎による狂言のパフォーマンスを行います


大蔵流狂言師・人間国宝一家の善竹富太郎は、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社(本社・沖縄県那覇市)に所属し、活動をしています。かねてより、Tリーグで奮闘中の琉球アスティーダと協力してスポーツと伝統芸能を融合したイベントを計画していました。この度、12月24日クリスマスイブ開催のホームゲームに登場し、狂言のパフォーマンスを行うことになりました。

狂言は室町時代から約 700 年にわたって受け継がれている日本の伝統芸能であり、善竹富太郎は狂言界で初の人間国宝になった善竹彌五郎を曾祖父持つ一家の狂言師です。文化庁公演の開催や、世界へ日本の伝統芸能を発信するために狂言とオペラを融合して披露するなど、狂言の楽しさをより多くの皆様へお伝えしたいと日々普及活動に励んでいます。

室町時代から続くお笑いの伝統芸能「狂言」。今までとは一味違ったアプローチでTリーグのホームゲームを明るく楽しく盛り上げる、初めての試みとなります。

琉球アスティーダスポーツクラブとしては、今後も、Tリーグをはじめとして、主催で開催するスポーツイベントや伝統芸能の興行において、両者の垣根を超えた企画を実施し、来場者がより楽しめる仕掛けを行っていきます。

≪琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社代表・早川周作のコメント≫
この度、かねてより願っていたスポーツと日本の伝統芸能の融合の機会を得ることがをでき、大変嬉しく思います。2020年の東京オリンピックに向けて、更に日本の魅力を世界へ発信してまいりたいと考えております。