3密を避けて新しい生活様式へ!

広告企画

「Rethink Creator PROJECT」石垣セミナー 島在住の地域クリエイター育成を目指して

石垣島初開催でデザインへの関心高める

提供:Rethink Creator Project 制作:石垣経済新聞編集部

  • 12

  •  

 自ら考え、発信できるクリエイターを日本中に創出していくプロジェクト「Rethink Creator PROJECT(リシンククリエイタープロジェクト)」の一環として、クリエイターの地産地消を目指すためのセミナーが9月7日、大濱信泉記念館(石垣市登野城2-70)で開催されました。

南は石垣島、北は北海道まで

 これからの地域に必要なクリエイターの育成を目的に、学びと挑戦の場を無料で提供する同セミナー。キーワードの「Rethink」は身近なことについて視点を変えて考えることで、日常の中にある魅力を再発見すること。「地域」「文化」「暮らし」に密着した地元クリエイターが日本中で活躍することで持続可能な地方活性化の実現を目指しています。主催のクリエイターズマッチ(東京都渋谷区)は「クリエイターが働きやすい世界の創造」をビジョンに掲げ、クリエイターの可能性を広げる取り組みを実践しています。今回のプロジェクトは「JT Rethink Project」を展開するJT(東京都港区)とのコラボレーションとして立ち上がったものです。

 2018年よりスタートした同プロジェクトのセミナーは、2019年度は開催地域を前年の9地域から30地域を目標に拡大中。南は石垣島、北は北海道まで23の自治体の後援も受ける見通しです。2019年度終了時の合計参加者数は約1,500人を見込んでいます。

ワークショップの様子

 石垣市の後援を受けた石垣セミナーでは、申し込み開始から締め切りを待たずに定員を超える応募があり、男女35人の参加者がセミナーを受けました。クリエイターズマッチの羽室吉隆さんがと地元フォトグラファーの豊里裕さんが講師となりセミナーがスタート。「Rethink講座」でデザインや情報編集を学んだ後、ビジュアル(地域の写真)に対するコピー(言葉)を考え、より魅力的に発信するための方法(Create)をワークショップ形式で実践するプログラムが用意されました。豊里さんが撮影した写真に、4~5人のグループを作って生み出したコピーを組み合わせる作業では、羽室さんが“視点”のアドバイスを複数提示しながら構成。その後、各グループの代表者が情報編集のアイデアや意図を発表しました。

島の懐かしさに新しさを

 ワークショップでは、ささみフライの上におにぎりを潰して乗せた島のソウルフード「オニササ」の写真や、ウェディング姿で海辺で触れ合う男女の写真など豊里さんが撮影したビジュアルに、外側から見た印象以外にも「内側から見る」(INSIGHT=インサイト)「属性を見る」(FILTER=フィルター)「印象を見る」(CAPTA=カプタ)という3つの視点からデザイン。伝えたい相手やメッセージをイメージして字体や大きさ、配置などが構成され、互いのアイデアに刺激を受けて意見を交わし合うことで会場は盛り上がりました。セミナー終了後のアンケートでは、「島でデザインやコピーに触れる機会はとても少ない。2度目の開催も期待している」や「普段見ている島の景色やモノを違う角度で捉え、アウトプットの仕方も変えていきたいと思った。自分が変わるきっかけにもなる」などの感想が寄せられました。

お客様に響く個性的なクリエイティブを楽しんでほしい

左から講師の羽室吉隆さんと豊里裕さん

 地元から講師として登壇した豊里さんは「石垣島の綺麗な自然や文化の良さにカメラを通して気づくことができる。石垣島でクリエイティブを楽しむ人が増えてほしい」とあいさつ。JTの嶋倉さんは「お客様の趣味嗜好は多様化している。お客様に響くクリエイティブをスピーディーにたくさん作るには東京だけでは難しい。いろんな地域にクリエイターを育てていき、地元のクリエイターに発注していきたいと考えている。クリエイターの地産地消を実現しながら僕たちのクリエイティブの課題も解決していきたい。今日がそんな未来への入り口にしたい」とプロジェクト協賛の思いを語りました。

誰でも参加できるコンテストの場で“挑戦”

 「Rethink Creator PROJECT」では、デザイン経験がなくてもチャレンジできるアイデア重視のクリエイティブコンテストを年に3回開催。セミナーで得た学びを活かし、「アイデアを伝わる形にする」ことで誰もが応募できます。コンテストのテーマは、「当たり前だと思っていたこと」「意外と知られていないこと」「ちょっと残念なこと」を、視点を変えて魅力的に伝える「RethinkCreator賞」と、吸わない人のために、究極にクリーンなたばこ開発を目指し、新しい文化やライフスタイルを生み出すために挑戦し続ける「JT Rethink賞」の2つ。羽室さんは「賞に選ばれると東京都内での表彰式への招待もあります。地元の魅力を知る皆さんからたくさんのアイデアを発信してほしい」とコンテストへの応募を呼びかけています。

今後のセミナー開催日程について

仙台セミナー
【定員】30名
【日時】10/5(土)14:00~16:30
【会場】デジタルハリウッドSTUDIO仙台
【住所】宮城県仙台市青葉区中央一丁目3番1号 AER 26階

高松セミナー
【定員】50名
【日時】10/13(日)14:00~16:30
【会場】香川産業頭脳化センター 2階一般研修室
【住所】香川県高松市林町2217-15

日向セミナー
【定員】30名
【日時】10/20(日)13:30~16:00
【会場】ひむか-Biz
【住所】宮崎県日向市鶴町2丁目7−13 ITセンター 1F

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home