食べる

石垣に初のまぜそば店「麺屋八重山STYLE」-調味料12種類お好みで

「焦らず、ゆっくりと八重山の皆さんにまぜそばを紹介していきたい」と有馬さん

「焦らず、ゆっくりと八重山の皆さんにまぜそばを紹介していきたい」と有馬さん

  •  
  •  

 ユーグレナモール(石垣市大川)に8月3日、「麺屋八重山STYLE」(TEL 0980-83-5142)がオープンした。

具材と麺をかきまぜてから食べるのが特徴

 店主は有馬明男さん。名古屋出身で、中華そば店で3年、つけ麺店で2年働いた麺職人。6年前から八重山に通い、竹富島のゲストハウスやフードバーで働いた経歴も。「大好きな八重山で生活したいと思っていたところ、ユーグレナモール内に運よく空き店舗があることを知り、予定を半年早めて夢をかなえた」という。

[広告]

 店舗面積は20坪。カウンター席、テーブル合わせて16席を備え、2人のスタッフで対応する。経験のある中華そばや、つけ麺でない理由は「本土にはまぜそば店はたくさんあるが、八重山にはない。新しい麺の食べ方を紹介したかった」という。「スープが少なく、夏場でも食べやすく石垣の気候に合う。調味料を加えて自分の好きな味に調節でき、具材を残してご飯を入れて雑炊のように食べてほしい」と話す。

 具材は、ひき肉、モヤシ、生卵、天かす、白ネギ、焼き豚、メンマ、魚粉。混ぜやすいよう太いメンマを四角に切る工夫も。それに調味料のスリゴマ、カレー粉、マヨネーズ、サンショウ、刻みニンニク、ゴマラー油、塩、一味唐辛子、白・黒コショウ、ピパーツ、島唐辛子を好みでかける。

 有馬さんは「極太麺が特徴で、名古屋の製麺所から空輸する都合上、少し割高に感じるかも」と事情を説明する。「おすすめ」は、まぜそば、ピリ辛まぜそば(以上750円)、スパイスを9種類入れたタコライス(800円)、手作りのジーマミ豆腐(300円)。ランチタイムは小ライス無料、17時以降は小ライス(50円)、中ライス(100円)。

 「焦らず、ゆっくりと八重山の皆さんにまぜそばを紹介していきたい。いずれつけ麺や冬場にはスープ麺もメニューに加え、地元や観光客に愛される店にしていきたい」と話す。

 営業時間は11時30分~20時30分。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ