暮らす・働く

石垣で「不思議サイエンスショー」-空気砲など会場一体型の実験に大興奮

巨大空気砲が発射されると客席からは歓声が上がった。

巨大空気砲が発射されると客席からは歓声が上がった。

  • 0

  •  

 石垣市民会館(石垣市浜崎町)大ホールで8月19日、「チャーリー西村の子供も大人も楽しめるサイエンスショー」が開催され、大勢の親子連れが会場に詰め掛けた。

大興奮で風船を追い掛ける子どもたち

 主催は国際ソロプチミスト石垣(荻堂久子会長)。科学離れが進む中、子どもたちに科学の楽しさに触れてもらうことを目的に開催。収益金の一部は、母子家庭を支援するための助成金に充てる。

[広告]

 ショーでは米村でんじろうさんの助手で米国や中国、台湾などの海外公演も行うチャーリー西村さんが登場。厚紙で作るブーメランや段ボールで作る空気砲の実験など、ステージ上で次々に繰り広げる不思議な科学実験と分かりやすい解説で客席を魅了した。

 段ボール箱で作った巨大空気砲が発射されると客席からは歓声が上がり、ホール最奥まで飛んでいく空気の輪を大人も子どもも感動した様子で見上げていた。観客皆が参加できるクイズや実験もあり、空気の重さを知ろうと巨大な風船が会場全体に現れると、子どもたちは大興奮で風船を追い掛けていた。会場ではサイエンスグッズの販売もあり、ショー終了後は販売コーナーもにぎわいを見せた。

 事務局の岡部明子さんは「次々に飛び出す実験を目の前で見るとそのすごさや面白さが伝わってきた。会場にいる皆が参加できるショーだったのでは」と手応えを感じた様子だった。

  • はてなブックマークに追加