食べる

石垣に八重山そば新店-「ちょっと変わったパンチの効いたそばを」

今後営業を始めるバーを想定した作りになっている

今後営業を始めるバーを想定した作りになっている

  •  
  •  

 石垣に2月16日、八重山そばなどを提供する「平良商店」(石垣市登野城、TEL 090-8669-8730)が開店した。店主の平良誠さんが親類と2人で営業する。

場所は国道390号線沿い、三線店の隣

 店舗面積は18坪。カウンター、テーブル席、ウッドデッキの計30席を用意。入り口付近にはパソコンが設置され、インターネットとWi-Fiが利用可能。内装は「ほとんど手作りで2カ月かけて仕上げた」という。

[広告]

 平良さんは地元の高校を卒業後、島内の大型ホテルでサービス業務に携わってきた。八重山そば作りが趣味で、10年間ダシ作りを研究し、同僚や友人に評価してもらってきた。「最初はあっさり豚骨味だったが、鶏、カツオ、昆布を加え、豚の骨の部位を替えるなど試行錯誤を繰り返した。『こってりではないしっかりダシ』が完成、ようやく商売として勝負できる味になった」と開店の動機を語る。

 現在のメニューは6種類で、今後も新メニューを開発する。平良さんの「おすすめ」は、鶏のダシから出る黄色のスープが特徴の「八重山そば」(500円)、時間をかけてじっくりと煮込んだ豚の三枚肉に柔らかく味が染み込んだ「三枚肉そば」、自家製ジャージャーみそと八重山そばを組み合わせた「八重山ジャージャー麺」(以上600円)など。

 通常八重山そばの一人前は麺を200グラム使うが、同店は230グラム。「原価ギリギリだが、おなか一杯にして満足してもらいたい。ちょっと変わったパンチの効いたそばを食べたい人に寄ってほしい」と平良さん。

 営業時間は11時30分~16時。水曜定休。今後、バー営業を始める予定。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ