見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

沖縄ファミマで石垣島ガイド本を先行発売-500枚の写真で視覚的に魅せる

(画像提供=沖縄ファミリーマート)

(画像提供=沖縄ファミリーマート)

  •  

 今月10日、石垣島初となる店舗を出店した沖縄ファミリーマート(那覇市)では、同日石垣島フォトガイドブック「石垣島に行きたい」(A5版)を発刊。他店舗に先駆け、県内のファミリーマート全239店舗で先行販売を開始した。

沖縄ファミマ全店に並ぶ

 同社では、石垣島への誘客と現地観光時のガイドブックに役立ててもらおうと、ローカル情報を盛り込んだガイド本の発行をファミマ・ドットコム(東京都豊島区)と共に企画。写真集的要素を重視し、美しい島の景色や島内のさまざまな情報を視覚的に魅せる「フォトガイドブック」を制作した。

[広告]

 使用画像498枚の多くは地元の写真家・中西康治さんの作品。

 中西さんは2006年に石垣島に移住後、主に八重山の自然や人を被写体に島を拠点に活動し、これまで国土交通大臣賞、littlemoreBCCKS第2回写真集公募展藤代冥砂賞など多数の賞を受賞。美しい景色や人・動植物を豊かに捉え、素朴でありながら躍動感のある作品を生み出す写真家として地元でも評判を集めている。

 「オーシャンズ石垣島」「石垣島パラダイスアドベンチャークラブ」「環境省西表野生生物保護センター」「photolibrary」からも画像を提供してもらい、約3ヶ月をかけて制作した。

 地元出身エンタメユニット「きいやま商店」や石垣島在住の音楽家・林田健司さん、石垣島の小規模事業者の任意団体「石垣島特産品拡め隊」も編集に協力。明るくバラエティに富んだフォトガイドブックとなっている。

 同社担当者は、「地元企業として沖縄を元気にし、沖縄から元気を発信する『地域に愛される企業』を目指し、今後も地元に密着したさまざまな商品を展開していきたい」と話す。

 価格は1,080円。県外のファミリーマートでの発売は11月7日を予定している。