食べる

石垣で姉妹が創作料理店-「女性1人で気兼ねなくお酒が飲める店」がコンセプト

ドリンクは、石垣島の泡盛を全種用意し、カクテルなど一通りそろえる

ドリンクは、石垣島の泡盛を全種用意し、カクテルなど一通りそろえる

  •  
  •  

 石垣に2月3日、ゆんたくバル「ペコラ」(石垣市大川、TEL 0980-87-5813)が開店した。ひつじ年にオープンしたため、イタリア語で羊(ペコラ=pecora)を店名に。

場所はマキシビル2階

 店は姉妹で営む。姉の高橋巳貴さんが店長で、接客とドリンクを担当、妹の悠紀さんが調理をし、二人三脚で営業する。

[広告]

 店舗面積は24坪。テーブル、カウンターで22席を用意。「京都出身で妹は5年前、私は2年半前から石垣島に住んでいる。半年以上物件を探し、ようやく理想の店をもつことができた」と巳貴さん。

 悠紀さんは石垣島で18年続く創作料理店「森の賢者」にて3年半修行した経験も。「石垣島の豊かな自然で育まれた多種多様な食材を、欧風にアレンジした創作料理を提供する。おいしいお酒とゆんたく(=おしゃべり)のひとときを楽しんでほしい」と話す。

 巳貴さんの「おすすめ」は、豚肉をペースト状にして固めたフランス料理「石垣島産もろみ豚のリエット」、「レンズ豆のサラダ」(以上550円)、グラタン風に仕上げた「美崎牛でアッシェ・パルマンティエ」(880円)、「日替わりカレー」(780円)など。仕入れたての新鮮な食材で「本日のおすすめ」メニューも用意する。ドリンクは、石垣島の泡盛を全種用意し、カクテルなど一通りそろえる。

 「女性1人で気兼ねなくお酒が飲める店」がコンセプト。「1人の場合は量を少なく、価格を下げ、より多くの料理を楽しめるよう配慮したい。島の素材を決まった食べ方でなくアレンジして提供するので、観光の皆さんにもおすすめ。15人以上ならば貸し切りにも対応する」という。

 営業時間は18時~24時。

  • はてなブックマークに追加