3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 学ぶ・知る

八重山諸島で早くも稲刈り 稲作農家「新米は香りが良く、粘りも」

石垣で早くも稲刈りを始めた大浜さん

石垣で早くも稲刈りを始めた大浜さん

  •  
  •  

 八重山諸島では全国に先駆けて稲刈りが始まり、5月18日に西表島で、石垣・名蔵の裏田原(うらたばる)でも5月20日からスタートした。石垣島で収穫を開始したのは、大浜博彦さん(80)。10ヘクタールの水田を管理し、ひとめぼれを育てる。

頭を垂れ、稲刈りを待つひとめぼれ

 八重山の稲作農家は年に2回、または3回収穫するが、大浜さんは2期作を行う。今期は2月1日から田植えを始め、110日目での収穫。2期目は7月25日~11月15日ごろを予定する。

[広告]

 「今期は雨が少なく、分けつ(稲の枝分かれ)が少なめだが、平年並みの出来上がりだと思う。先日は台風6号に見舞われ、3月10日前後に植えた稲に被害が出ている」と大浜さん。

 収穫した米は、今月29日に「JAゆらてぃく市場」(石垣市新栄町、TEL 0980-88-5300)で販売を開始する。石垣市民は日本一早い新米を食べることができる。

 大浜さんは「新米は香りが良く、粘りもありおいしい。ぜひ多くの人に召し上がってほしい」と呼び掛けた。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home