食べる

石垣に地鶏メーンのレストラン メーンホールはニューヨーク高架下をイメージ

サンエー向かいに開店

サンエー向かいに開店

  •  

 石垣に5月28日、「HUNGRY CHICKEN TRIP(ハングリーチキントリッフ)」(石垣市真栄里、TEL 0980-87-6000)が開店した。市内「バニラ・デリ」と「鉄板焼専門ついてる」の姉妹店。

ニューヨーク高架下をイメージした店内

 店舗面積は20坪。テーブル、カウンター、テラス計50席を用意。メーンホールはニューヨーク高架下をイメージした。2つの個室を用意し、1室はモダンロンドン風、もう1室は「いつでもお誕生日」をテーマにした北欧風の内装を施し、子どもが自由に落書きできるコーナーも。テラス席は常時、ロンドン風個室はディナータイムのみ喫煙できる。フリーWi-Fi完備。

[広告]

 オーナーの新城英彦さんが、世界各地の店を回りヒントを得て開いたという同店。メーン料理に九州南部の地鶏を使った理由も「現地で何気ない地鶏料理を食べて衝撃を受け、石垣の人たちに紹介したいと思ったから」という。開店に向け、2年前から準備を始めた。

 店長は市内大型ホテルでの経験が買われ、迎里元さんが任された。「原価は高いが価格はリーズナブルに設定した。ホテルと違い、気軽に利用できる店づくりをしたい」と意気込む。

 ランチタイムの「おすすめ」は大根を粗くおろした「鶏天鬼おろしポン酢でね」、スパイシーな「チキンオーバーライス」(以上890円)、骨付きモモ肉を使った「グリルドチックボーンのランチ」(940円)など。120円増しでドリンクを付けられる。

 ディナーはドリンクも付いた7種類のコンボメニューが「おすすめ」。単品では400グラムのグリルドチックボーンを5種類用意した。大人数の場合は「何も聞かずに『トリップの空揚げ』(1,690円)をオーダーしてほしい」とも。

 ドリンクはフレッシュフルーツと端麗白角ウイスキーを組み合わせた「グレープフルーツハイボール」(530円)など。

 「昼夜問わず、家族やカップルで記念日などに気軽に利用してほしい」と迎里さん。

 営業時間は、11時30分~15時、17時~23時。火曜定休。