見る・遊ぶ

竹富島で豊かな眠り手に入れるプラン「ぐっすりにーぶい滞在」

今年から客室に用意されるハンモック

今年から客室に用意されるハンモック

  •  
  •  

 星野リゾートが運営する「星のや竹富島」(竹富町竹富)は9月から、豊かな眠りを提案するプラン「ぐっすりにーぶい滞在」を提供する。現在、予約を受け付けている。

葉だけなく、花や蕾(つぼみ)、茎まで丸ごと食べられるハーブ「にーぶい草」

 女性に好評で、昨年も多くの人が利用した同プラン。「眠たい」「眠たそう」という意味がある「にーぶい」という沖縄の言葉をコンセプトにして眠りに特化した滞在型の内容でプログラム。「眠り」について学びを深めている同ホテルのスタッフが、眠りのコンシェルジュとして快適な眠りを支援する。

[広告]

 同プランでは、2泊3日の滞在中に3回の「にーぶいスパ」を体験。施術で使用するオイルは、自らセレクトしてブレンドしたオイルを使用。併せて、客室でルームフレグランスとしての使用も可能となる。

 利用する客室には、「お昼寝マット」「月桃枕」「うたた寝にぴったりなハンモック」、3種類の無農薬ハーブ(レモングラス、月桃、ユーカリ)を使った「命草の香る枕」などを用意。

 滞在中には、深いくつろぎのためのストレッチと深呼吸を実践。「にーぶい草」の生茶で体を温めた後、眠りのために行う「にーぶいストレッチ」、同ホテルから5分ほどのアイヤル浜で、朝日を浴びながら深呼吸とストレッチを行う「よんなー深呼吸」(よんなー=はゆっくり)、プールサイドで星空を眺めながら行う「てぃんぬ深呼吸」(てぃんぬ=天の川)を行う。

 同ホテルの遠藤雅子さんは「健康の面でも、美容的にも『眠り』が注目されている。今年から客室にハンモックも用意。ゆらぎの中で快適な眠りを体験してもらえれば」と呼び掛ける。

 価格は10万6,000円(税・サービス料、宿泊料別)。コンサルテーション、オイルのブレンド、にーぶいスパ(3回)、にーぶい草のお昼寝ブランチ(1回)、夕食(1回)、朝食(1回)、にーぶい草のハーブティー、にーぶいストレッチ指南書、命草の香る枕、お昼寝マット、月桃枕、よんなー深呼吸(2回)、てぃんぬ深呼吸(1回)、朝の水牛車観光(1回)が含まれる。

 プラン提供期間は、9月1日~2018年1月31日(12月23日~2018年1月8日を除く)。

  • はてなブックマークに追加