石垣のビアバーでヒップホップイベント フリースタイルダンジョン出演ラッパーら登場

左からDOTAMAさん、輪入道さん(撮影;Mave Cruz Ilao)

左からDOTAMAさん、輪入道さん(撮影;Mave Cruz Ilao)

  •  

 石垣のビアバー「MONGOLIAN DRUNK Ishigaki」(石垣市大川)で6月15日、人気テレビ番組「フリースタイルダンジョン」で人気を集めるラッパー「輪入道」さんと「DOTAMA」さんをゲストに招いた音楽イベント「MONGOLIAN DRUNK ISHIGAKI ISLAND FEST Vol.1」が開催された。

 イベントは輪入道さんによる石垣島をテーマに織り交ぜた即興ラップで幕を開け、輪入道さんが自身の楽曲を披露。これに続いてDOTAMAさんも軽快なトークと音楽ライブで観客を盛り上げ、イベントの終盤には両者によるセッションで会場を沸かせた。

[広告]

 出演者のDOTAMAさんは「たくさんのお客さまにご来場いただき誠に感謝している。開場前は天候の不安があったが、MONGOLIAN DRUNKのスタッフの皆さま、石垣島の皆さんの温かく、お気遣いあふれる運営に感銘を受け、不安も吹っ飛んだ。自分の楽曲で踊って頂くお客さまの姿には本当に感動した」と話した。

 輪入道さんは「45分という限られた時間の中で大きなうねりがいくつもあった。最前列で目を輝かせながら見てくれていた若者たちの顔が忘れられない。自分が自分のままでい続けることは時に苦痛を伴うが、オリジナルを貫けば必ず道は開ける。石垣島で生きている君にしか書けない歌詞を期待している」と観客の若者たちへメッセージを残した。

 イベントの企画に携わった関係者は「今回のイベントは同店のオーナーが石垣で音楽などのさまざまな文化を発信したいということで企画された。次回の開催時期は未定だが、これをきっかけに今後も企画を続けていきたい」と話した。

 近年、ヒップホップブームは、石垣の中高生の間でも広がり、高校生を対象にしたライブイベントの開催や学校内外でビートに乗せた即興ラップを披露し合うなどの人気を見せている。イベントに参加した中高生からは「今回みたいなイベントが石垣島でも開かれるのはうれしい。とても楽しみにしていた」と感想を話した。