暮らす・働く

大濱信泉記念館、研修室をコワーキングスペース活用 テレワーク支援で試験運用

大濱信泉記念館 研修室

大濱信泉記念館 研修室

  • 2

  •  

 大濱信泉記念館が8月31日までの期間、利用予約が入っていない枠に限り同施設一部をコワーキングスペースとして提供している。

大濱信泉記念館ロビー

 コワーキングスペースとは、利用者同士がオフィス環境を共用できる空間のことで、近年のテレワークの普及に伴い注目されている。今回の取り組みは、施設の指定管理者であるハブクリエイト(石垣市登野城)がテレワーク支援として試験的に実施。提供する施設は2階研修室で、利用料金は1時間200円。希望日の4日前からの電話予約または当日窓口でのみ受け付ける。定員は3人。このほか、1階ロビーにも無料の作業スペースを設けている。利用申請は当日窓口でのみ受け付け、定員は2人までとしている。

[広告]

 利用時間は10時~17時。両スペースには基本設備として電源コンセントと無料無線LANを用意する。A4用紙10枚まで印刷サービスも利用できる。

ピックアップ

Stay at Home