見る・遊ぶ

竹富町西表島で絶滅危惧種「イリオモテヤマネコ」の昼間の動画撮影に成功

動画撮影されたイリオモテヤマネコ

動画撮影されたイリオモテヤマネコ

  • 157

  •  

 沖縄・竹富町西表島で1月28日、昼間のイリオモテヤマネコの動画撮影に成功した。夜行性の動物で、昼間に撮影される例は珍しいという。

 撮影に成功したのは高梨まさのぶさん。「西表島で小屋の建設工事をしているが、3時間ほど時間が余り、イリオモテヤマネコを探しに出掛けた。昼間に見ることはなかなかできないとは聞いているが、西表島にいる以上、可能性はゼロではないので」と話す。

[広告]

 発見場所は舗装されていない道を数キロ進んだところで、細い道を歩いている時に出会った。「20メートルほどの距離から、最初は猫の形をした切り株に見えた。スマホでビデオ撮影を開始すると動き出したので、びっくりした。普通の猫より明らかに大きく、ヒョウのような動物に見え、イエネコとは明らかに違うと思った」と興奮して話す。

 環境省西表自然保護官事務所の官野愛自然保護官補佐は「撮影場所は集落から離れていて、色や太めの尻尾、胴長短足のしっかりした体格なのでイリオモテヤマネコの可能性が高い。警戒心が強いので動画撮影は珍しい」と話す。

 動画はユーチューブで公開されており、イリオモテヤマネコがいた付近にあったフンも捉えている。

 イリオモテヤマネコは、アジア東部に生息するベンガルヤマネコの亜種に分類され、国の特別天然記念物。現在西表島のみに100頭前後しか生息しておらず、絶滅危惧IA類に分類されている。官野さんは「出現が多発するポイントで、車両運転の注意喚起をする看板設置などに取り組んでいる。目撃したら情報を寄せてほしい」と呼び掛ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース