島の人々による音楽祭に1,200人-鳩間島で「鳩間島音楽祭」

古典民謡からサンバまで幅広い音楽祭となった

古典民謡からサンバまで幅広い音楽祭となった

  •  
  •  

 「鳩間音楽祭」が5月3日、鳩間島コミュニティーセンター(竹富町鳩間)で開催された。

 当日は島の年長者による鳩間島古典「パトゥマムゥトゥ口説」で幕開け。石垣在鳩間郷友会婦人部の「鳩間千鳥節」や鳩間島在住の仲宗根豊さんによる宮古民謡、冨里保雄グループ、浦崎喬グループによる民謡やオリジナル曲などを披露。そのほか、イタイカズシとゆかいな仲間たちによるサンバなどの音楽もあり、幅広い音楽が演奏された。

[広告]

 鳩間島出身の歌手・鳩間可奈子さんや西表島出身の歌手・池田卓さんのライブも行われ、会場を盛り上げた。

 同音楽祭は島の活性化・地域振興を目的に、島の人たちによって行われているもの。今年で11回目を迎え、当日は1,200人の観客が音楽祭を楽しんだ。

与那国島・波照間島へ周遊ツアーやチャーター便、エアードルフィンが運航開始(石垣経済新聞)琉球王府時代の「のろし」を再現-竹富町の7島と石垣で検証リレー(石垣経済新聞)石垣島と離島間に新規参入-石垣島ドリーム観光(石垣経済新聞)

  • はてなブックマークに追加