暮らす・働く

旧映画館にNPO拠点施設-スクリーンを利用した中継講座も

石垣市の旧映画館にNPOプラザオープン

石垣市の旧映画館にNPOプラザオープン

  •  
  •  

 NPO活動の拠点施設となる「いしがきNPOプラザ」が11月23日にオープンし、そのオフィスとなるシネマ万世館2階(石垣市石垣)で開所式が行われた。

 同プラザは八重山地域における環境の保全や伝統文化の継承など、まちづくり活動に取り組むNPOや個人、サークル団体などへの活動支援、情報・交流拠点になることを目指す。2005年に発足し、デイゴ再生事業などの自然環境保全活動に取り組むNPO法人「花と緑の石垣島」が、県のNPO法人等活動基盤整備事業を導入して開設した。NPOが運営する支援センターとしては県内初となる。

[広告]

 NPO設立や運営方法のための相談、NPO講座やイベントの開催をはじめ、事務所ブースの貸し出しや機器の貸し出し、コピー・印刷サービスなどを提供する。旧映画館の設備を利用し、インターネット中継による講座を行えるのも特徴。島内に居ながらにして、沖縄本島や福岡、大阪、仙台などにあるNPO活動支援センターと連携したネット講座・講演会をリアルタイムに開くことができる。

 開所式では東浜妃敏事務局長が「当施設を開設することで、これからNPOを発足したいという団体の後押しになれれば。サークル活動や地域コミュニティーの拠点となる場としても利用してほしい」とあいさつ。今後予定している双方向通信を実演で紹介した。通信先の那覇市NPO活動センターの職員は「こういったネット中継を通して一緒に講座を開いたり、連携しながら幅広い支援が行えたりできれば」と応えた。場内からは、「紹介ビデオだと思ったら中継なんだね」など驚いた声も聞こえた。

 石垣市の當山信佳市民保健部長は「今回の開所は時宜を得たもの。『地縁』は既につながっていると思うが、今まで別々に行動していた『知縁』の連携の場になることも期待できる。行政側からもぜひバックアップしたい」と述べた。

 式典の最後に東浜事務局長は「未来の子どもたちに届けなければならないふるさとの景色がある。これをキャッチフレーズに、これからも前進していきたい」と述べ、より良いまちづくりへの取り組みに意欲を見せた。

 同施設は、市内在住者で事前に年会費1000円の会員登録を行えば誰でも利用できる。開館時間は10~19時(年末年始休館)。問い合わせはNPO法人「花と緑の石垣島」(TEL0980-88-8739)まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ