天気予報

34

29

みん経トピックス

石垣・崎枝にベトナム料理店石垣で適正メニュー研修会

石垣島で若手演出家の一人舞台「命ぬ紬詩(ぬちぬつむぎうた)」

石垣島で若手演出家の一人舞台「命ぬ紬詩(ぬちぬつむぎうた)」

饒平名久乃さん(奥左)が歌う中、心を込めたダンスを披露した中野さん(中央)と金沢さん(左)

写真を拡大 地図を拡大

 石垣市民会館中ホール(石垣市浜崎町)で2月14日、八重山の子ども演劇「現代版組踊オヤケアカハチ~太陽の乱~」を指導・演出している比屋根秀斗さん(29)が、一人舞台「命ぬ紬詩(ぬちぬつむぎうた)」を上演した。

フィナーレでは迫力のある演奏・ダンスに比屋根さんの詩の朗読が響き渡った

 同舞台は、比屋根さんが原案・脚本・演出・主演・制作をすべて一人で行った。舞台で活躍して生活していく覚悟を決めるために取り組んだという。

 比屋根さんは、現在の沖縄県うるま市勝連生まれで中高生の時には「現代版組踊肝高の阿麻和利」に参加し、主役の阿麻和利を演じた。慶応大学在学中に自身が脚本・演出を行った「湘南ダイナミック」に出演した。大学卒業後は、沖縄県内各地で行なわれている現代版組踊舞台の指導を手がけ、2012年からは石垣島でウイングキッズリーダーズ(現代版組踊オヤケアカハチ~太陽の乱~)の指導・演出を行うほか、自身もダンスや演技で各地の舞台に出演している。

 オープニングで比屋根さん自身が作詞した「結ぬ島風」が演奏され、石垣島在住のダンサー7人が迫力のあるダンスを披露した。続く「天啓」は、石垣島在住のシンガーソングライター池田真作さんの作品で、迫力のある演奏に、比屋根さんが一人で櫂をもって踊るダンスを披露した。

 物語は、少年カイが三線職人のおじぃと共に過ごし、おじぃの昔話を聞きながら、戦後の沖縄の生活や島を出た話などを追体験するもの。

 本土の生活でおじぃがスランプに陥ったシーンで、石垣島出身のシンガーソングライター饒平名久乃(よへなひさの)さんが、自身の曲「輝き」を披露した。

 おじぃが体験したコザ暴動のシーンでは、その迫力に会場中が圧倒された。父からコザ暴動の話を聞いて育ったという比屋根さんは、数年前のコザ暴動の写真展を見たことで、これが沖縄の戦後の象徴だと感じたという。

 新体操の元代表選手で、プロダンサーとしてさまざまな舞台で活躍している中野紗耶可さんと、神奈川県で子ども達のストリートダンスの団体エスティーロ・リブレを指導している金沢伸行さんは、二人で三線を作るおじぃの胸の内を表現したコンテンポラリーダンスを披露した。

 金沢さんは、「大人達だけの舞台は久しぶりで、とてもいい刺激になった。石垣島の人たちは皆さん熱い気持ちが強く、とても感動した」と話す。

 石垣島在住のシンガーソングライター具志堅舞さんは、ウイングキッズリーダーズの卒業生で、今回はダンサーとして参加した。「秀斗さんのリクエストでダンスでの参加となったが、舞台づくりのための練習がとても楽しくて、舞台が終わってしまってダンスの練習で集まれなくなるのが寂しい。次もぜひダンサーとして参加したい」と具志堅さん。

 「うまくまとまって良かった。ほっとしている」と話す比屋根さんは、「この舞台は、予想以上にハードな取り組みとなり、反省点も多いが得るものは大きく、自分の思っていたことをやり遂げられた。自分の呼びかけに、たくさんの人が集まって協力してくれて、いい舞台が出来上がったことにとても感謝している。今後の自分の活動につなげていきたい」と話した。

グローバルフォトニュース