食べる

石垣にレストラン新店「キラアカリ」-安全・旬な食材で季節メニュー

夫婦で店に立つ

夫婦で店に立つ

  •  
  •  

 石垣に11月5日、「シーズナルレストラン Kira Akari(キラアカリ)」(石垣市大川、TEL 080-3344-1300)がオープンした。オーナーシェフは瀧谷勲さん。「東日本大震災後、宇宙や神様とのつながりを強く感じるようになった。平和に明るくキラキラと照らすイメージ」を店名にしたという。

一見、外からは中の様子がわからない

 店舗面積は10坪。カウンター6席、テーブル3席の計12席。工事事務所の休憩場所だったところを1カ月かけて知り合いの大工としゃれた造りに整えた。店舗は観光客が行き交うユーグレナモールから脇道に入り10メートルほどの場所にあるが、「あえて観光で訪れた人には入りにくい店構えにし、地元のお客さまの中に観光客が少し交じり、石垣島の一面を感じてもらう雰囲気を作りたい」という。

[広告]

 瀧谷さんは大阪、島根、東京、パリ、石垣と移り住み、飲食やホテル関係に従事してきた。中でもパリでの8年間は「赤ワインを飲みまくり、舌を肥やした」という。2000年に心安らかになれる場所を求め石垣島に移住、3年前に妻の千浪さんと知り合い結婚、2人で店に立つ。

 料理は「和モダン」をモチーフとした創作料理。「世界各国で感じた『地球人』というこだわりを持って、和食でもフレンチでもなく、自分がお客さまに食べていただきたいものを提供する」と瀧谷さん。千浪さんとは、食の安全を通して知り合った。安全な食材と調味料を吟味し、石垣島産はもちろん、その時に一番おいしい食材を全国、海外から取り寄せ、季節限定として提供、定期的にメニューを入れ替える。

 メニューは、「石垣馬のスライス」、「石垣島産あぶりマグロ」(以上700円)、「北海生ホタテとサーモンのマリネ」(850円)、「サントリープレミアムモルツ生」(350円)など。

 開店を前に地元新聞広告に「あしたから店はじめます」と一行の広告と電話番号のみを掲載した瀧谷さん。「好奇心旺盛な人から問い合わせをもらった。そんな勘が働く人から口コミで人から人へ伝わる穴場の店にしたい」と話す。

 営業時間は17時~23時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加