食べる

石垣に島産食材・県産豚ステーキの店-「東京の感覚を融合」してメニュー開発

沖縄県産の豚肩ロースを使った「トンテキ定食」(画像提供=いちばんざぁ)

沖縄県産の豚肩ロースを使った「トンテキ定食」(画像提供=いちばんざぁ)

  •  
  •  

 石垣で2月18日、石垣島産食材・県産豚ステーキの店「石垣島トンテキ」(石垣市美崎町、TEL 0980-87-0100)が開店した。運営は、八重山そばの店「まぁくん家のいちばんざぁ」を手掛ける「いちばんざぁ」(同)。

白を基調とした内装で、テーブル席22席を用意

 店舗面積は15坪。白を基調とした内装で、テーブル席22席を用意。スタッフ3人で対応する。オーナーの上原正人さんは「沖縄といえば鳴き声以外は全て食べるほど豚肉食の文化がある。その習慣をいま一度島の人や観光で訪れた人にも伝えたい」という。

[広告]

 東京の渋谷駅前で「東京トンテキ」を構え、1日に500枚を売り上げる並川周作さんも力を貸す。「上原さんと意気投合し、姉妹店を出店する。半年前から準備を始め、オリジナルメニュー30種類を用意した。石垣島は石垣牛が有名だが、焼き肉より手軽に食べてほしい」と話す。

 並川さんの「おすすめ」は沖縄県産の豚肩ロースを使った「トンテキ定食」(1,480円)、パイナップルを食べて育てた幸福牧場の「南(ぱい)ぬ豚」を使った「豚ロースステーキ定食」(1,980円)、トンテキに合う「目玉スパムガーリックライス」(680円)、特製みその野菜炒め「石垣島野菜のチャーミン」(580円)、島豆腐とクリームチーズをあえ、ワインに合う「島豆腐のムース」(480円)、ほかでは味わえない「新しいスタイルの食感」だという「ナーベラー、フー、大根、ベーコンのミルフィーユ」(680円)。

 「石垣島産・県産にこだわり、地元に貢献すると同時に、地元発想ではなく、東京の感覚を融合したメニューにした。地元や観光客の皆さんに気軽に楽しんでほしい」と上原さん。

 営業時間は11時30分~16時、18時~23時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加