暮らす・働く

石垣・伊野田小学校内に「ゆいまーる学童クラブ」開所

自己紹介する4人の指導員

自己紹介する4人の指導員

  •  
  •  

 石垣島北部の伊野田小学校(石垣市桃里)内に5月9日、放課後学童クラブ「ゆいまーる学童クラブ」が開所した。

 公設民営の学童クラブとしては、石垣市で二カ所目になる。伊野田小学校内の空き教室(多目的教室)を利用した同施設は、指導員4人、同小学校の全児童22人が利用登録している。同施設は、児童の保護者で運営する。

[広告]

 同小学校には昨年度まで5年間、学校内に「ゆいまーる塾」があったが、助成打ち切りで懸案となっていた。放課後の子どもの居場所づくりのため、今回学童クラブの立ち上げとなった。放課後児童の健全育成のため、同小学校の全児童の登録を目指し、利用料金を低く設定している。

 運営委員会会長の曽我翠(そがみどり)さんは「子どもたちの安全・安心な居場所づくりのために、学童クラブを開設することができて本当に良かった。学校ではできないこと、家ではできないことをこの学童クラブでやってほしい。自分たちのやりたいことを自由にできる学童クラブにしていきたい」とあいさつした。

 石垣市副市長の漢那政弘さんは「子どもの安全・安心な居場所づくりは、近年社会課題となってきている。石垣市で唯一の学校内にある学童クラブなので、学童クラブのモデルとして地域の発展にもつながればいい」とあいさつした。校長の吉濱徳子さんは「幸せなら手をたたこう」の替え歌を歌い「児童とバンザイできて良かった。学童クラブができて本当に良かった」と話した。

  • はてなブックマークに追加