見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

Songbirdが石垣島で「でいご」ライブ

SongbirdのRayさんとDylarさん(左から)

SongbirdのRayさんとDylarさん(左から)

  •  
  •  

 沖縄本島を拠点に活動する音楽ユニット「Songbird」が5月20日、カフェClass(石垣市新川)で「でいご」をテーマにしたライブを行った。

二番手に歌った池田真作さん

 Songbirdは、ボーカルのRay(レイ)さんとギターとコーラスがDylar(ダイラー)さん2人で活動する。Rayさんの本名は金城静香さん。石垣市宮良出身で、石垣島でのライブは約1年ぶり。

[広告]

 沖縄本島を拠点に主にソロとして音楽活動をしていたDylar(本名:土橋大輔)さん(埼玉県出身)と、バンド活動からソロ活動を始めようとしたRayさんが一緒に活動し始めて9年目となる。これまで、3枚のCDを発売した。

 同ライブには、石垣島出身で石垣島を拠点に音楽活動するリカ・トゥモールさんと池田真作さんも参加した。リカ・トゥモールさんが沖縄本島でライブを行うときはDylarさんがギタリストとしてサポートを行っている。Songbirdが昨年発売した曲「でいご」は、池田真作さんの曲をカバーしている。

 リカ・トゥモールさんは、「久しぶりに地元のイベントライブに参加できて良かった。初めてカフェClassで歌ったが、お店の雰囲気も良くアットホームなライブになって良かった」と振り返る。

 池田真作さんは、「Songbirdの石垣島での単独ライブに参加できて良かった。これからも彼らには頑張って歌って行って欲しい。また石垣島でもライブをやって欲しい」と話す。

 「ライブで全曲オリジナル曲を演ったのは初めてだったので緊張した」と話すDylarさんは、「途中、バンドサポートが入って、音に包まれながら演奏できたのも良かった。無事ライブを終えて、ホッとしている」と語る。

 Rayさんは「石垣島にデイゴが咲かなくなったとき、島じゅうが真っ赤なデイゴに包まれていたあの頃のようになればいいという気持ちもあって、真作さんの『でいご』を歌い始めた。真作さんの勧めがあり、全曲オリジナル曲で臨むライブは大変だったし緊張したので、ライブを終えてホッとしている。また来年も歌いに来たい」と話す。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ