見る・遊ぶ

石垣で中西康治さん写真展「石垣北部」 平久保半島の海岸風景紹介

中西康治さん写真展「石垣北部」

中西康治さん写真展「石垣北部」

  •  

 ホテルエメラルドアイル石垣島(石垣市美崎町)のギャラリーで7月5日、石垣島在住の写真家・中西康治さんの写真展「石垣北部」が始まった。

中西康治さん写真展「石垣北部」の様子

 中西さんは三重県生まれ。2006年に大阪から石垣に拠点を移し、八重山の島々の人と自然を撮影している。今回は「スロービーチ」をテーマに石垣島の海岸線を捉えたシリーズの第1弾として、平久保半島エリアの海岸風景25点を展示している。

[広告]

 平久保半島は大半が西表石垣国立公園に指定されている風光明媚(めいび)なエリアで、最近では、夏の風物詩となりつつあるサガリバナ群落や、国内初の星空保護区に認定された満天の星空など、観光客の注目も高まっている。

 同展では、有名な景勝地をはじめ、国の天然記念物に指定されている津波石、美しい素朴な砂浜や、地元の子どもから教えてもらったというハート形の岩など、ローカルな名所も含めて鮮やかな写真で紹介している。

 写真展を主催する同ホテルの副支配人の大城剛さんは「展示写真の中には地元の私でも知らなかった美しい場所があり、新しい島の魅力を発見することができた。併設カフェでは地元クリエーターによる常設展も行っているので、島内周遊に出掛ける前に、ぜひ立ち寄ってほしい」と話す。

 会場では、これまでに出版された写真集やポストカードなども販売。開催時間は10時~19時。入場無料。7月31日まで。サテライト展示として、石垣島最北の海カフェ「Seven Colours石垣島」(平久保)で「小さな写真展」も開催中。入場無料。