見る・遊ぶ

石垣島の台風を生き残った「根性バナナ」 切り株からそのまま実を出す

石垣島の台風を生き残った「根性バナナ」

石垣島の台風を生き残った「根性バナナ」

  •  

 石垣島北部の伊原間で8月、切り株から直接バナナの実が生った「根性バナナ」が出現した。

 地元でアセロラ関連商品の販売業や飲食店を経営する「美ら味堂」(伊原間2-750)の農園内で今年7月、台風8号の影響でダメージを受けたバナナの木を根元近くから切り倒したところ、3週間ほどたって実がなり始めたという。

[広告]

 沖縄県農業研究センター石垣支所研究主幹の井上裕嗣さんは「バナナの実を低い位置で収穫するために切り株を縦に裂き、人工的に低い位置で実を栽培する方法があるが、自然では珍しい現象だと思う。通常は葉が伸び始めてから実がつくが、たまたま花芽になっていたポイントをちょうど良いタイミングで切断したのでは」と話す。