見る・遊ぶ

日本最南端の小劇場「ゆいロードシアター」 初企画に沖縄のホラー映画上映

日本最南端の小劇場「ゆいロードシアター」

日本最南端の小劇場「ゆいロードシアター」

  •  

 石垣に今夏、日本最南端の小劇場「ゆいロードシアター」(石垣市大川204丸喜屋ビル3階、TEL 0980-83-3150)が開館し、初企画として8月26日~29日に沖縄県で人気のホラー番組「オキナワノコワイハナシ」シリーズにて放送された傑作選が上映される。

「オキナワノコワイハナシ」上映プログラム

 運営は音響照明の会社STAGING PRIME(漢那憲信代表)。約30年前に閉館した映画館「丸映館」を改修し、芸能・演劇・ライブなどを楽しむ文化発信スポットとして活用する。客席90席、楽屋3畳、ロビー30畳(カフェテーブルやベンチを設置)を備える。

[広告]

 現在は同社企画での映画上映を月1回のペースで行う予定。初上映となる「オキナワノコワイハナシ」ではオムニバス形式(各15分)の短編作品「スイッチ/鍵/ヘーガサー」と「放送禁止/ミーガンチョー/消えたタッチューとチカラタンナーパ」、45分作品の「沖縄ヤバイ」の3本を上映する。入場料は大人(高校生以上)=800円、子ども(中学生以下)=500円、6歳以下=無料。45分作品のみ一律500円。

 劇場の運営管理を担当する竹内真弓さんは「ジャンルを問わず色々な興業を行っていきたい。どのような運営になるか今後も様子を見ながら、皆さんにも見守っていてほしい。今月開催のホラー作品上映では夏休み最後の思い出として家族みんなで楽しめるものとなっているので、ぜひ来場してほしい」と話す。前身であった映画館「丸映館」について調べているが不明な点が多く、情報提供を求めているとも呼び掛けている。

 開館時間(通常)は10時~17時。