食べる

大川に島イタリアンと島料理居酒屋 同時オープン、近海産の魚介使うメニュー提供

てぃんがーら2号店で提供するフードメニュー

てぃんがーら2号店で提供するフードメニュー

  • 0

  •  

 イタリアン居酒屋「島のごちそう てぃんがーら」と島料理居酒屋「あじまー商店」が5月1日、大川の市役所通り沿いに同時オープンした。運営は「Tune up」(神奈川県)

 てぃんがーらは、登野城に続く2号店。あじまー商店と隣り合う。店名に使う「てぃんがーら」は天の川を、「あじまー」は交わる場所を、それぞれ意味する地元の言葉。席数は、てぃんがーらが40席(カウンター6席、テーブル34席)で、あじまー商店が70席(カウンター9席、テーブル61席)。内装の家具は全てオーダーメイドという。

[広告]

 てぃんがーらが提供するメニューは、島の魚介料理がメイン。魚のオーシャンシーフードプラッターや車海老のブイヤベースなどには石垣近海の魚介類を使い、毎朝、新川漁港で仕入れる。登野城店でも定番の薫製のステーキやレバーのコンフィなども用意する。

 あじまー商店では、赤瓦仕様の皿で刺身7点盛りなどを提供。同じく新川漁港で仕入れる近海魚を使う。ドリンクは、泡盛や日本酒のほか、グヮバサングリアやシークヮサージントニックなどのオリジナルカクテルも豊富にそろえる。

 店長の森田将健さんは「コロナ禍が収まらない中ではあるが、2店舗同時オープンという初の挑戦。地元の人、観光客、移住者など多くの人が交わる場所になってほしい」と期待を込める。

 営業時間は両店とも12時~15時、17時~24時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース