見る・遊ぶ 買う

ブラジル音楽グループ「テハ・ド・サンバ」、石垣でCD発売記念ライブ

「Terra do samba」のゲーリー杉田さん(中央)、鈴木厚志さん(右)、幸枝さん(左)

「Terra do samba」のゲーリー杉田さん(中央)、鈴木厚志さん(右)、幸枝さん(左)

  •  
  •  

 ブラジル音楽アーティスト3人のグループ「Terra do samba(テハ・ド・サンバ)」が2月1日にパパビゴーヂ(石垣市大川)で、翌2日にカフェ・タニファ(同)でCD発売記念ライブを開いた。

ブラジル音楽のCD「Samba! Nossa Paixao(サンバ・ノッサ・バイシャオン)」を手にするメンバー

 同グループは、ブラジル音楽のプロデューサーやサンバダンサーとしても活躍するゲーリー杉田さんがボーカルとパーカッション、ブラジル音楽専門のピアニスト鈴木厚志さん、フルートを中心にさまざまな楽器を演奏する幸枝さんの3人から成る。

[広告]

 ブラジルのジャズともいわれるショーロと、古いサンバを正当な形で世に出したいとCDアルバム「Samba! Nossa Paixao(サンバ・ノッサ・バイシャオン=私たちの情熱)」を作った。ブラジル音楽として親しまれている曲のカバー曲と3人それぞれのオリジナル曲も収録している。

 ゲーリー杉田さんは「飛行機が遅れリハーサル無しで3人で初めて合わせる曲もあったが、うまくまとまって良かった」と振り返り、鈴木さんは「15年くらい前から石垣島のこの店に来ているが、おしゃれで温かくてライブが楽しくできるいい場所」、幸枝さんは「聴きやすいブラジル音楽を皆さんに知ってもらい、楽しんでもらえて良かった」と話す。

 会場にいた60代男性は「ブラジル音楽はいい。この3人はいつ聴いても素晴らしい」と話していた。

  • はてなブックマークに追加