学ぶ・知る

石垣島で日本最南端のエコサイクルイベント-新城幸也選手も参加

自転車で石垣島を楽しむエコサイクルイベント「石垣島アースライド2008」が開催した

自転車で石垣島を楽しむエコサイクルイベント「石垣島アースライド2008」が開催した

  •  
  •  

 日本最南端のエコサイクルイベント「石垣島アースライド2008」が11月30日、開催された。主催は日刊スポーツ新聞社。

新城幸也選手も参加した「石垣島アースライド2008」

 同イベントは、自転車を通して島の人々と一緒に環境の大切さを考えながら、石垣島の美しい自然・音楽・文化を楽しんでもらうエコサイクルイベント。コースは舟蔵公園を発着点とする、玉取崎展望台までの40キロ、60キロ、80キロ、100キロの4コースで、順位や時間を競わずに時間制限内にゴールを目指す。コース上に信号機が1基もないのことが特徴。

[広告]

 当日は県内外から313人がエントリーし、312人が完走した。参加者はそれぞれ自分のペースで、時折自転車を降りて記念撮影をするなど石垣島の風景を楽しみながら走った。各エイドステーションでは飲み物とフルーツのほか、サーターアンダギーやちんすこう、塩せんべいなどの特産品も並び、参加者たちは島の味を楽しんだ。

 石垣島出身のプロサイクルリストで、フランスのUCIプロツアーチームへの移籍が決まった新城幸也選手もゲストとして参加。新城選手は参加者らと握手を交わしたり、写真を撮ったりするなどファンサービスを行いながら、100キロコースを完走した。

 レース後、舟蔵公園でサンセットパーティーが行われ、参加者はミニライブや八重山民謡を楽しんだ。

 企画したマルチスポーツ・インターナショナル(東京都渋谷区)の坂口弥寿久さんは「この規模で接触事故なども含めて事故がひとつもなかったということは奇跡に近い。参加者にもスタッフ・ボランティアの対応がとても良かったという声をもらった。島の皆さんが温かく見守ってくれ、イベントを作っていこうという気持ちを感じた」とホッとした様子。また「北部の公民館から、今度はうちでエイドステーションをさせてくれと言ってもらった。これはとてもうれしかった。来年は島の方はもちろん、多くの方に参加してほしい」と笑顔を見せた。

  • はてなブックマークに追加