見る・遊ぶ

石垣で離島初の「bjリーグ」公式戦開催へ-琉球キングスなどが会見

bjリーグが石垣島にやってくる

bjリーグが石垣島にやってくる

  •  
  •  

 プロバスケットボール「bjリーグ」の公式戦「琉球ゴールデンキングス対信州ブレイブウォリアーズ」が来年八重山地区で開催されることになり、石垣市役所で12月5日、会見が行われた。bjリーグの離島開催は初めてで、同地区でプロスポーツ公式戦が行われるのも初めてとなる。

 主催する沖縄バスケットボール取締役の安永淳一さんは「八重山で念願の公式戦ができることがうれしい。選手との距離も近いので、目の前で試合を見てもらい『また見たい』『楽しかった』と感じてもらえれば」と話し、「最近、キングスの選手になりたいと言ってくれる子どもたちが増えた。八重山の子どもたちが試合を見ることは大きな意味がある」と期待を寄せる。

[広告]

 中山義隆石垣市長は「本気のプロの試合を楽しみたい。石垣に来てもらうことで観光産業にもつながり、バスケットも盛り上げて相乗効果がある」と歓迎。川満栄長竹富町長も「ハイレベルの試合は子どもたちの栄養剤になる」と喜び、今回、離島から見に来る人のことを考えて日曜日の試合時間が30分繰り上げられることに対し「配慮に感謝したい。バスケットを好きになる子どもたちが増えてくれれば」と感謝の言葉を述べた。

 公式戦開催を切望してきた八重山地区バスケットボール協会の安里整会長は「2年半前にお願いし、一昨年はミニキャンプを石垣島で行ってもらった。いつか公式戦をやりたいという思いが実現してうれしい。みんなで協力して成功させたい」と喜び、当日のスポンサーであるユーグレナの出雲充社長も「これからも応援していきたい」と話した。

 「試合会場はまさにエンターテインメント。試合前やハーフタイムもトイレに行く暇がないくらいノンストップで演出を展開する。ショーのような異空間を体験してほしい」と安永さん。

 試合開始は1月28日19時、29日12時30分で、会場は石垣市総合体育館。石垣島ではマックスバリュやいま店、安栄観光、リビング・アースでチケットを取り扱っている。問い合わせは沖縄バスケットボール(TEL 098-858-8186)まで。

  • はてなブックマークに追加