食べる 暮らす・働く

石垣にカフェ「SHIMA LOHAS」-夫婦で開業、島の素材をメーンに

店内は花形ブロックを重ね、おしゃれなライトを配置し、入り口で履物を脱ぐスタイル

店内は花形ブロックを重ね、おしゃれなライトを配置し、入り口で履物を脱ぐスタイル

  •  
  •  

 石垣で7月7日、ワインhouseカフェ「SHIMA LOHAS」(石垣市美崎町、TEL 0980-82-0914)がオープンした。「SHIMA」は石垣島の「島」を使い、「LOHAS(ロハス)」は健康と環境に配慮した生活スタイルの意味。

場所は旧居酒屋「三線の花」

 平良浩海さん、真規子さん夫婦で営む。旧居酒屋「三線の花」店舗を3カ月かけて改装した。店内に花形ブロックを重ね、おしゃれなライトを配置し、入り口で履物を脱ぐスタイルだ。健康を意識する店だけに店内は禁煙。「インテリアコーディネーターに相談して良かった。想像以上の出来栄えに満足している」と真規子さん。

[広告]

 店舗面積は18坪。テーブル、座敷で20席を用意。乳幼児連れも座敷で利用できる。珍しく授乳室も備えた。

 料理は島の素材をメーンに使い、地産地消を心掛けるが「島内に野菜が不足する時には、本土のものを使い、料理に合うコーヒーを福岡から取り寄せる」という。浩海さんの「おすすめ」は、石垣牛から出るうま味で作ったグレービーソースをかけた「石垣牛ハンバーグのロコモコ」(1,200円)、試作を繰り返し、ようやく満足のいく味が出せたという「リコッタチーズのふわふわパンケーキ」、「自家製ベーコンと自家製パンのシーザーBLTサンド」(以上800円)、石垣島産の野菜にアンチョビソースをかける「島野菜のクリーミィバーニャカウダ」(900円)など。4種類のフラッペも用意する。中でも「キャラメルフラッペ」(520円)が浩海さんの「一押し」。

 店のコンセプトは「『ゆったりまったり』。ママ友同士でカフェの利用や、夜はカップルや女子会でワインも楽しんでほしい」と浩海さん。

 営業時間は、ランチ=12時~16時(平日のみ)、ディナー=18時~23時。

  • はてなブックマークに追加