見る・遊ぶ

高校生とプロによる野外音楽フェス「REVERB」、3年ぶりに復活へ

高校生とプロアーティストによる野外音楽フェスティバル「REVERB FEST RE:01」

高校生とプロアーティストによる野外音楽フェスティバル「REVERB FEST RE:01」

  •  
  •  

 石垣島で高校生とプロのアーティストが共演する音楽フェスティバル「REVERB FEST RE:01」が7月21日、舟蔵の里(石垣市新川)で開催される。

7月21日に開催する「REVERB FEST RE:01」の会場となる舟蔵の里

 実行委員の東里明斗さんが石垣島で暮らす高校生たちが活躍する場を作りたいと2011年に立ち上げ、今回で3年ぶり11回目の開催となる同イベント。出演は、沖縄県出身の音楽バンド「かりゆし58」メンバーの前川真悟さんや、HIPHOPアーティストのCOMA-CHIさん、八重山で人気の音楽ユニット「八重山モンキー」のYoshitoo!さん、かつて高校生としてREVERBに出演した伊佐奨さんが所属する音楽バンド「Mellow Youth(メロウユース)」もステージに立つ。高校生らは音楽バンドやダンス、ヒューマンビートボックスなどを披露する。

[広告]

 同イベントは6月までに集めたクラウドファンディングで資金を調達しており、目標の100万円を大きく上回り140万円が集まった。東里さんは「高校生が活躍できる場所と身近に目指せるステージを作りたい。音楽をきっかけに大人も高校生も互いに刺激し合ってほしい」と話す。出演する高校生シンガーの渡嘉敷りゐさんは「初めての出演だが、自分なりに皆さんの心に響くよう心を込めて歌う。気持ちが伝ってほしい」と意気込む。

 開催時間は15時~20時30分(14時開場)。料金は、一般前売り=2,500円、一般当日=3,000円、高校生前売り=800円、高校生当日=800円、中学生以下無料。

  • はてなブックマークに追加